院長の部屋

ブログトップ

オバケとカボチャの季節です

 ここ一週間ほど日本の政治家が三流という事を世界中に発信していて、ホントに情けないです。今なら「負けない」という理由だけで解散した安倍首相。それに対して満を持して新党を立ち上げた小池都知事。それに乗じてただただ当選したい一心で民進党から鞍替えした議員たち。こんな状態で日本の先行きが心配で、今の若い人達が可愛そうでなりません。

 小池さんも一時は旋風らしきものを吹かせましたが、一週間も経たないうちに馬脚を現し太事から、今後逆風が吹き荒れそうな様子さえ感じます。「希望の党」はせいぜい110前後でしょう。与党で過半数を割ることは無いですから、情けないですが安倍さんの思惑通りでしょう。

嘆息以外何もありません・・・・・・・・。

9月になりましたが・・・・

 とうとう北が水爆を手にしたようです。何ヶ月か前にも書きましたが、北朝鮮は今や世界最強国になりました。世界の、もしかしたら人類の敗北となったかも知れません。国連等はこの後も経済制裁を続けようとしていますが、今後最悪のシナリオとしては、核の拡散です。北はお金のために核をイスラム過激派に密売し、欧米の主要都市で核のテロを実行するという事態です。もちろん東京含む日本も例外ではありません。その結果世界中に反イスラムの流れができ、核を使用した世界大戦が起こることも十分ありえます。小生の老い先は長くは無いですが、子や孫たちの世代は生き残りを賭けた戦いの日々が待ってるようで暗澹たる気分です。

 民進党はもう終わってますね。山尾議員のスキャンダルは取り返しようがないでしょう。ブーメランとはよく言ったもので、質の悪い議員は与野党ともやる事は一緒ということですね。これから先は、自分の党に帰ってくることを想定して与党を追及しないといけませんね~~~。

夏本番ですね

 台風5号が各地に猛威をふるい、あちらこちらに被害が出ている中、尼崎は雨風はありましたが、「台風」という感覚からすると全く持って穏やかでした。過去数年間で近畿地方を直撃した事が何回かありましたが、大きな被害は発生せず、本当に有難い話です。

 ところで、安倍政権が内閣改造を行って支持率の上昇を目論んでいますが、ようやく国民の考えに気づき始めたようですね。しかし、口では丁寧な説明責任と言っていますが、森友、加計の学園疑惑に関して何一つしていません。口先だけの「反省」で、もうあきれ果てるばかりです。

 NMBの須藤さんの件に関しては、何のお咎めも無しで卒業となるとグループ崩壊の始まりと思います。話題造りのために仕込んだのではないかと疑われるほどです。AKB始め各グループの主要メンバーが卒業し、今では顔と名前が一致するメンバーがほとんどいなくなってしまい、全盛期と比べてかなり小粒になったと言わざるをえないように感じます。来年もフアンは選挙のために何百枚ものCDを買って投票してくれのでしょうか。

今年も半分過ぎました

 先の東京都議会選挙。自民党の大惨敗に終わりましたが、これは都民ファーストが勝ったのではなく、自民党が自滅しただけのことです。そのことを本当の意味で安倍総理は理解しているといいのですが・・・・。自分の都合のいいように屁理屈をこね、毎度のように口先だけの「反省」。前回、衆参のねじれの苦境に耐えられずに総理の椅子を放り投げた人に、真摯な反省などできるはずもないと思いますが・・・・。

 極最近、ヤフーから中国のスマホを使って小生のページにログインされました、と警告メールがありました。さすがに驚いてパスワードを急遽変更しましたが、他人事みたいに思っていたアカウントの乗っ取りが現実のものとして突きつけられました。ウィルス対策にばかりに注意がいっていたことを「反省」しました。皆様もご注意してください。

もうすぐ夏至ですね

 今年も半分が過ぎようとしています。もうすぐ夏至。一年で昼の長さが一番長い日です。この日を境に少しづつ夜の時間が長くなっていくのですが、日が沈む時刻が早くなっていく事が少し寂しいような気がします。

 AKBの総選挙で、あるメンバーが「好きな人が出来たので結婚します」と爆弾発言しましたね。一説には文春が彼女の交際を暴露する直前だった、という話を耳にしましたが先手を打ったつもりなんでしょうが、代償はおおきいでしょうね。二十歳の浅知恵と言うしかないような気がします。個人的な見解では解雇は当然の上、今頃は損害賠償などの話で顔色が青くなっていなければいいのですが。

 昨日国会が閉会して安倍総理が定例の記者会見を開きましたが、その中で「反省」という言葉を口にしていましたが、相変わらす「口先」だけの意図が見え見えです。疑惑の解明や説明責任などはサラサラやる気が無いことが今日の言動でも明らかでした。「有限不実行」の総理の下「日本丸」の行き先が不安でたまりません。そうは言っても、そんな総理を選んだのは我我国民なんですが・・・・・・。

 

このページのトップへ