院長の部屋

個別記事: 2016年08月23日

無事にオリンピックが終わりました

 開幕前には治安がどうとか水質や環境がどうとか、色々取りざたされていましたが、大きなトラブルや事件も無く、ともかくも無事にオリンピックが閉幕しました。今回、日本の選手団の頑張りには感動させられました。いつからこんなに日本は強くなったのか、と驚かされました。特に、4X100mの銀メダルは驚異的な快挙と思います。9秒台が一人もいない日本が繰り上がりとはではなく、着順での銀メダル。言葉を失うくらいです。で、4年後の東京オリンピックでは金メダルを、は多分難しいでしょう。今回の快挙は日本のバトンリレーの技術の高さを世界に証明したわけですが、この結果を世界が黙ってみているとは思えません。他の国がバトンリレーの技術を習得したり、磨いたら純粋な走力で劣る日本に勝ち目は無いでしょう。それまでに日本の選手で9秒台を出す選手が最低でも二人は出てきて欲しいものです。

 もう一つの快挙、は女子レスリングの伊調選手の4連覇です。あのホモサピエンス最強とまで言われた吉田選手でさえ成し遂げられなかった記録です。格闘技で4連覇を果たしたことに敬意を表します。

 そのほか、男子の体操、卓球、カヌー、競歩、女子のバドミントンシンクロなど感動した競技が次から次に思い起こされます。一方で、サッカーやバレーボールのように期待が大きかった分がっかりした競技もありましたが、全体として日本の選手たちは頑張ったと思います。4年後の東京オリンピックを楽しみにしたいと思います。

このページのトップへ