院長の部屋

ブログトップ

4月です

 平成4年の4月2に初めて診療してから30年目の節目の年になりました。この間、大きな病気やケガも無く無事に勤めてこられたことに感謝です。年齢も上がってきて身体的な衰えを自覚するようになってきました。未来永劫出来るわけではないのでいつかは決断する時がきますが、それまでは全力で頑張っていきます。

 尼崎も「まん防」の対象市となりました。収束が見通せない状況で気が重いですがワクチン接種が早く浸透して欲しいです。そういえば、以前「ほ〇えもん」なる人物がマスクをしないことを注意された腹いせに餃子のお店をSNSでつるし上げたことが話題になりましたが、今の状況で彼のコメントを聞いてみたいです。

まだまだ寒い日が続く3月です

 今年の確定申告がようやく終わりました。一応ほっとしました。あとは税金を払うだけですが・・・・・・。

 3月に入って気温の乱高下が続き着るものに迷うことも多いです。早く暖かくなって欲しいものです。

 コロナの出口が全く見えない状況で、いつまでこのような自粛を続けることになるのか・・・。ワクチンがゲームチェンジャーになるはずですが、なにせ数が・・・。

 一般の人に関しては、年内に摂取できる体制が整えば御の字、という感じがします。ある程度収束の状態になるのは来年ですかね。それまでコロナにかからないように頑張ります・

2月です

 2月に入りころなの感染拡大も収束の兆しが見えてきました。このまま、感染が落ち着いた状態でワクチンが普及して、何とか日常が戻って来ることを期待せずにはいられません。そうすればオリンピック・パラリンピックも開催にこぎつけられる可能性が見えてくるのではないかと思います。

 にしても、日本のお偉方は庶民感覚を持っていませんね。上級国民的な考えの持ち主が政治の行く先を決めている、将来がとても不安です。今の若い人たちが普通に暮らせる世の中になって欲しいと切に願います。

新年明けましておめでとうございます。

 2021年が始まりました。昨年はコロナで始まりコロナで暮れた一年でした。医療や日本経済に大きなダメージを受けた一年でした。歴史の教科書に載る年となってしまいましたが、今年はコロナ禍が落ち着いてくれると信じています。お上の無能無策ぶりには愛想がついていますが、現場の底力は死んでいるわけがありません。必ずや「日常」が戻ってきます。それまでもう少しの頑張りです。

ようやく?もう? 師走です

 12月1日になりました。今年も残すところ一ヶ月となってしまいました。コロナで始まりコロナで終わる一年となりました。正直ここまでになるとは予想していませんでした。小生の診療所は感染対策を行いながらも診療は続けていますが、医療関係者、飲食や観光など大変な業界が多く存在しています。国も色々考えてはいるようですが「決断」が遅いように感じます。国民が安心して生活できるような政策を最優先でお願いしたいものです。今年は歴史の教科書に載るような年でしたが、来年はワクチンもあり、以前のような日常が戻って来ることを願ってやみません。

このページのトップへ