院長の部屋

ブログトップ

新年明けましておめでとうございます。

 2021年が始まりました。昨年はコロナで始まりコロナで暮れた一年でした。医療や日本経済に大きなダメージを受けた一年でした。歴史の教科書に載る年となってしまいましたが、今年はコロナ禍が落ち着いてくれると信じています。お上の無能無策ぶりには愛想がついていますが、現場の底力は死んでいるわけがありません。必ずや「日常」が戻ってきます。それまでもう少しの頑張りです。

ようやく?もう? 師走です

 12月1日になりました。今年も残すところ一ヶ月となってしまいました。コロナで始まりコロナで終わる一年となりました。正直ここまでになるとは予想していませんでした。小生の診療所は感染対策を行いながらも診療は続けていますが、医療関係者、飲食や観光など大変な業界が多く存在しています。国も色々考えてはいるようですが「決断」が遅いように感じます。国民が安心して生活できるような政策を最優先でお願いしたいものです。今年は歴史の教科書に載るような年でしたが、来年はワクチンもあり、以前のような日常が戻って来ることを願ってやみません。

11月です

 今日は13日の金曜日!今年も残り7週間となりました。

 アメリカの大統領選挙、バイデン新大統領で決まりだと考えますが、トランプ大統領はまだまだゴネそうですね。彼は本質は政治家ではなく、実業家(ビジネスマン)ですから政治的判断とか引き際、という考えは持っていないでしょう。これからもゴネ続けるでしょう。身内の共和党の支持率でも下がってくれば、党自体がトランプ大統領の首に鈴を付けることになるとは思うのですが、すべてはアメリカ国民の判断でしょう。

 新型コロナ感染が第3波の相を呈してきました。飲食店や観光業などにまたまた大きな試練が訪れそうです。日本経済にも大きなダメージがありそうです。今年は歴史に残る一年になってしまいました。来年はワクチンや治療薬がコロナを封じ込めて以前のような日常を取り戻してくれることを期待してやみません。

今年も残り3か月となりました

 10月になりました。あと3か月でことしも終わりますが、コロナに始まりコロナで終わるのでしょうね。それでも対コロナの生活もだいぶ見えてきたように思います。GO TOキャンペーンで経済もようやく明るさが見えてきました。大打撃の観光、飲食などに復活の兆しらしきものが見えてきたことに期待です。

 菅内閣が発足して2週間ほどですが、安倍内閣よりはましと思っていましたが、ここにきて馬脚を現したようです。学術会議の委員任命問題で支持率が急落するような予感です。所詮は安倍内閣の看板が変わっただけの内閣のようです。むしろ菅総理のほうがたちが悪い様子が見えてきました。ますます日本の行く末に不安を感じます。

やっと?もう? ともかく9月です

 9月に入りました。コロナの影響で大変な9か月でした。ようやく第二派も収束の兆しが見えてきました。このまま落ち着いてくれると経済も少しは盛り返すと思いますし、飲食業や観光業他の皆さんもちょっとだけでも一息ついてついてもらえると嬉しいです。

 ところで、安倍首相が病気を理由に辞任を表明しました。今回も任期途中で理由も同じです。こまま臨時国会が始まれば、モリカケ、桜、黒川、河合など突っ込みどころだらけで、耐えられないとでも感じたのでしょうか?歴代一位の在任期間を達成したとたん辞任、ここが限界だったですかね。対韓国への対応は大変に評価していますが、どちらかというと、口先ばかりの総理、というマイナスイメージしかありません。数々の疑惑は晴れないまま迷宮入りなのが残念です。派閥にがんじがらめの菅さんですが頑張ってもらいましょう。

このページのトップへ